【s14最終447位】自己解釈ポリヒトデ

はじめまして、りゃーやと申します。

s14お疲れ様でした。

今期は2000チャレでことごとく負けてタイムアップしてしまったので実力不足を痛感するシーズンになりました。メンタル勝負勝てへん、、、

今月から竜王戦ルールが始まるので、その前に一度使いたかったポリヒトデの並びを使ってみましたが、構築とプレイングにおいてもう少し高い完成度まで持っていけなかったのが敗北理由な気がします。ですがそこそこ頑張ったシーズンでもあったので記録として記事を残しておこうと思います。

順位関係なく構築記事を読むのが好きだから自分も書く、とも言います。

 

取り合えず順位と、

f:id:R_yua_n:20210202100225j:plain

並びはこんな感じで、個別紹介は並び順です。

f:id:R_yua_n:20210202013646j:plain

 

 

【構築経緯】

前述の通り「使いたかった」の一点でポリヒトデから採用。

全体を受け寄りに構築を組んでいたが纏まらず、試しにs13のあいまるさんの構築(掲載許可ありがとうございます)で見かけていた初手ダイマを組み込んでみたところ勝率が安定したので、この形を自分なりに完成させることを目標にした。

まず初手ダイマ枠として参考にさせていただいた構築からそのままカグヤドラパを採用。

詰め要因としてタスキ悪ウーラオスを採用。悪にした理由は、使い慣れていたことと、ランクルスに詰まされたのが3:7くらい。

初手ダイマ→クッション→タスキの並びを作る際、ポリヒトデ以外のクッションの選択肢を広げたかったので、初めは取り合えず幅広く受けられそうなHBサンダーを採用した。が、相手のサンダーをはじめとする電気タイプが重すぎてボコられたので、電気の一貫を切り、ステロやクイックターンで器用な立ち回りができるHBラグラージを採用した。

 

【コンセプト】

初手ダイマ→受け回し

ダイマエース+クッション+タスキ

ステロ+受け回し

の3つ。

 

【採用個体】

f:id:R_yua_n:20210202025435p:plain

ポリゴン2@しんかのきせき

特性:アナライズ

性格:なまいき

実数値(努力値):191(244)-*-110-127(14)-161(252+)-72

ヒレへの火力重視「10万ボルト

幅広い打点「冷凍ビーム

ウーラオスの詰めを補助する「スピードスワップ

回復「自己再生

 

特殊を担当してほしいのでHD。余りC。火力が欲しかったのでアナライズ。

受けまわすこととクッションとしての使用が体感2:8くらいだったので、裏のウーラオスの行動回数を増やすスピードスワップを採用。この採用は、放電を切っているので麻痺が望み薄なことにも起因しています。

スピスワの枠は自身が起点にならないためのアイアンテールと悩み続けたが、上を取れたウーラオスの安心感から離れられずに採用を続けた。ドヒドイデと共に選出しているときは、黒い霧の存在もありポリ2が起点になることはほぼなかった印象なので悪くはなかったと思っている。

構成を変えるならアナライズ→DL、10万→放電で、スピスワ→アイテかなと考えながら時間切れまで使い続けました。

基本的にスカーフレヒレがカグヤに対してトリックかムンフォ冷ビで拘った後に投げてたので、強気にレヒレを削りにいけた。

雑にクッションにできたが、HPをフルに残せば陽気珠エスバの膝を耐えるので、HP管理に気を付けてやると勝てる試合が増えた印象がある。

サンダーの暴風混乱でいっぱい自傷した。メンヘラか。お疲れ様。

 

f:id:R_yua_n:20210202033233p:plain

ドヒドイデ@黒いヘドロ

特性:再生力

性格:ずぶとい

実数値(努力値):157(252)-*-224(252+)-73-163(4)-55

火傷「熱湯

回復「自己再生

起点回避「黒い霧

ステロと合わせて最強になれる「どくどく

 

HBぶっぱ。物理を担当してもらった。

初めは毒ではなくトーチカだったが、ウーラオスに打てなかったり、そもそも打つ機会が少なかったので特殊に対して打てて、ステロとのサイクルで相性がいい毒に変更した。耐久振りのサンダーが処理しやすくなったので正解だったと思う。

今期も龍舞カイリューがそこそこ居た印象で、黒い霧で封殺出来て気持ち良かった。また、この技のおかげで悪ラオスと合わせてクレセリア入りに負けなくなったのも良かった。

終盤はエスバの思念に怯えながら熱湯を吹き出していた。アイへとか打たれたら突然イキイキし出してまさに陰キャの名に恥じぬ活躍をしてくれた。お疲れ様。

 

f:id:R_yua_n:20210202035553p:plain

ドラパルト@命の珠

特性:すりぬけ

性格:控え目

実数値(努力値):163-*-95-167(252+)-96(4)-194(252)

メインウェポン「流星群

水地面やレヒレに打つダイソウゲン「ソーラービーム

ナットレイに打ったり晴れさせてソラビを打つ「大文字

ヒードランがいっぱい投げられたので「ハイドロポンプ

 

CS振り切り、DL調整でB<D。初手ダイマ枠。

型の判別のしづらさ、技範囲、Sの高さ、初手ダイマ枠として強い要素しかなかったので採用し続けた。

先にも挙げたSの高さのおかげで、初手ダイマの後に温存しても活躍できる点が本当に強くて、立ち周りに柔軟さが生まれたのが気に入っている。

初手の悪ラオスと対面してしまった時が一番難しかった。相手のパーティと時間ギリギリまでにらめっこしてタスキ読みでヒトデに引いたら鉢巻だったときにswitchを食べた。

ラグラージを構築に組み込んでからある程度相手の初手を予想しやすくなったので使いやすさも増して、途中サンダーにボコされてポリヒトデをやめようかと思った時もこいつだけは抜く気になれなかった。最強ポケモン。お疲れ様。

 

f:id:R_yua_n:20210202042257p:plain

ラグラージ@食べ残し

特性:激流

性格:腕白

実数値(努力値):207(252)-130-156(252+)-*-111(4)-80

メインウェポン「地震

最強技「ステルスロック

想像の3倍くらい火力が出る「クイックターン

対面操作「欠伸

 

HB振り切りでクッションとして採用。

初手要因ではなくクッションと受け回しの補助としての採用だったので、生き残れば残るほど回復する残飯を持たせた。

こいつのおかげで相手の初手が読みやすくなったので初手ダイマとも相性が良かったと感じている。

サンダーが重かったので、サンダーに死に出しorダイサンダーに後投げ着地からダイジェットを受けながら欠伸で流すか眠らせる処理ルートが取れるのが気に入っている。技スぺの並びがステロとクイックターンを入れ替えたいと思いながら試合終了後忘れてそのまま潜り続けていたことは気に入ってない。

最終日2日前とかに投入したので、それまでダイソウゲンポリ2の存在を知らず、最終日突然キノコの中に埋葬されるラグラージを泣きながら見送った。無知でごめん………。お疲れ様。

 

f:id:R_yua_n:20210202044434p:plain

テッカグヤ@弱点保険

特性:ビーストブースト

性格:意地っ張り

実数値(努力値):173(4)-168(252+)-123-*-121-113(252)

抜き性能を上げてダイマ枯らしもできる「空を飛ぶ

メインウェポン「ヘビーボンバー

ダイロック&怯み「岩雪崩

ダイウォール&サイクルで役立つ「宿り木のタネ

 

AS振り切り。初手ダイマ枠。

ラグが入ってるが、サンダーが投げられがちだったので、ボルチェン読みでいっぱいダイマした。構築にサンダーを入れていた時は相手にも初手ダイマされることがあり発狂していたが、ラグを入れてからは全くされなかったので、性能を活かせたんじゃないかと思う。

基本的に初手のウーラオスやサンダーを起点にして動いたが、Sが1段階しか上昇していないときにエースバーンを投げられる動きがそこそこキツかったので、エスバ入りにはラグとセットの選出というイメージで使うと強かった。

選出したときは基本的に初手ダイマだが、初手レヒレには基本的に宿り木から入り、素早さ、トリックや挑発の有無を確認してから立ち回った。基本的にこれから入るとアタッカーということが読まれにくく、立ち回りやすくなって強かった。

上記のように相手によって選択肢が多めな初手ダイマ枠だと個人的に思っていて、宿り木絡めてサイクル戦を仕掛け、うらのポリ2やラグにダイマを切る試合も多少あった。

扱いに慣れる前はこの枠が初めの変更候補だったが、ラグ採用後、初手にラムビルドっぽいエスバが出てきて、ビルドに合わせてダイジェットを押してぐちゃぐちゃにした試合が2回だけあり、この2回で今期はこいつと走り切ることを決めた。体感ドラパよりこっちを多く初手に置いていたと思う。最高のポケモン。ありがとう。

 

f:id:R_yua_n:20210202052701p:plain

ウーラオス(一撃)@気合のタスキ

特性:不可視の拳

性格:陽気

実数値(努力値):175-182(252)-121(4)-*-80-163(252+)

メインウェポン「暗黒強打」「インファイト

じゃんけん「不意打ち

ヒレに打つ「毒突き

 

AS振り切り。タスキ枠。

4つ目の技は色々入れ替えていたが、自分の構築に対してレヒレがめちゃくちゃ選出されることに気づき、最も押す機会が多いであろう毒突きにした。カウンターによって楽になるであろう試合はあったが、他の立ち回りでカバーしやすいと考えたので、毒突きを使い続けた。不意に来るピクシーやエルフーンもこれで葬ってくれた。

最終的に投入したステロとも噛み合っていて、最強のタスキ枠だった。

一番印象に残ってる試合は、1日の朝8時くらいに300位から2000位の方と当たって、タスキ残ったラオスとHP6割程度のレヒレとラス1勝負でゴツメ触って死んでいった試合。使い潰しすぎちゃったかな、、、お疲れ様。

 

【主な選出】

f:id:R_yua_n:20210202093227p:plainorf:id:R_yua_n:20210202093256p:plainf:id:R_yua_n:20210202093433p:plainorf:id:R_yua_n:20210202093617p:plainf:id:R_yua_n:20210202093642p:plain

これが1番多かった。初手は多少強引にダイマしたほうが上手くいくので、引き際の見極めが難しかった印象。

f:id:R_yua_n:20210202093227p:plainorf:id:R_yua_n:20210202093256p:plainf:id:R_yua_n:20210202093433p:plainf:id:R_yua_n:20210202093617p:plainorf:id:R_yua_n:20210202094001p:plain

初手ダイマ→受け回し。ラグとヒトデはどちらの方が刺さってるかめちゃくちゃ考える。比較的ヒトデを多く出した。

f:id:R_yua_n:20210202093617p:plainf:id:R_yua_n:20210202093433p:plainf:id:R_yua_n:20210202094001p:plain

ほとんど上2つだったが数回だけやった。ステロと受け回しは相性がいいので、やってもいいじゃんっていう「やってみたい」の気持ちが溢れた選出だったが、この選出をするかどうかは時間をかけて見定めたので、試合は勝った。ステロで疲弊させて、ラグかポリ2でダイマを切る。

 

以上になります。

記録だけって言ってたはずなのにめちゃくちゃ書いててウケる。いや、ウケるじゃないが。ゼミのレポートより長いが。

なんだかんだ剣盾で真面目にランクマしたシーズンは全部最終溶かしてたので、最後まで馬鹿みたいに溶かさず上位目指し続けるとこまでやれて内心嬉しかったの、バレちゃいますね。次はもっと頑張るって言うのもそろそろ終わらせたいです。

今月からは竜王戦ルールで、これまでのポケモンが駆逐されてバケモン達が闊歩する世界になってしまいますが(それでも生き残りそうなサンダーってナニモン?)、またランクマでよろしくお願いします。

改めてお疲れ様でした。

 

 

 

記事について何かありましたらTwitterまでお願いします。

りゃーや(@R_yua_n